FC2ブログ

少し改善してきているみたい。

まだ仕事が残っているけど、イメージが固まってきたのと、さっき親友から電話があったので忘れないうちに更新します(笑)

ひと月ほど前の「死にたくなった」メールから一度もやり取りせず、生存確認をそろそろしておこうかと思って
「生きてるか?あれからメールの返信がないけど、推測だけでは何ともできないし、これからも私と関わりたいのであれば何に対して『死にたくなった』というのかはっきり説明してくれないとまた同じことになるから、その辺はっきりさせた方がいいよ?」
というメールを送ったら夕方電話がかかってきた。
結果として、相手に私が直接言った言葉と、SNS上でしゃべった言葉はしっかりと本人には届いていたが、その話に鍵垢の他人が同調して話かけてきて、鍵垢の人とは相互なので私の発言だけが親友に見えることで不安が掻き立てられたらしく、心に刺さったものがあるのだそう…
鍵「私は話をいっぱい聞いてもらったけどあなたの話はあまり聞いたことがないのであなたは自分のことを話すのがあまり好きではない?壁のようなものを感じる…」
私「いや、知ってほしいけど、話し出すと自分のことばかりになってバランスが取れないから抑えている部分がある!それが壁の正体!」
鍵「そうなの?」
私「そう!」
鍵「まぁ、私がそう思うだけです。あなたには本当に感謝しています…大人だなと思います」
私「大人かと思いきやアダルトチルドレンですけどね(^o^)」
鍵「いやー大人ですよ。苦しんできた分人一倍思慮深いんだろうなあ」
私「そうかなぁ…確かに考えすぎて喋るの遅かったり、結局言わなかったりするから…そうなのかも?(コミュ障気味)
ありがとうございます!」

大体意訳だけど、こんな感じの会話で赤字だけが親友に見えている…アダルトチルドレンという言葉とコミュ障に反応して死にたくなったそうな…
アダルトチルドレンの意味を履き違えて「ガキだと言われていると思った」とかほざいてて…うつ病になりやすい精神構造ですがナニカ?しかも自分のことだけど…?

まぁ、100歩譲って「死にたくなった」って言うのは分かるけど…理由も言わずにそれだけ言われてひと月は正直しんどかった…。
完全なる被害妄想だったからそんなの言わなきゃわからんわ…orz
今度会ったらアダルトチルドレンについてレクチャーしねぇとなぁ…コミュ障はお互い様だしwwww

それでも、ちゃんと直接会って伝えたことを実行したらしくて色々と快方に向かっているようなことを聞けてホッとした。
・セクハラの上司に直接文句を言っても解決せず、期間を空けてはセクハラを繰り返してきていた
→さらに上の上司に報告したら、責任者の人にヒアリングを受け、そしたらセクハラ上司がぶっ倒れて、もうすぐやめることになったらしい。
・家の周りを3時間以上回らないと帰れない(人に見られると入れない)
→前回家に入るまでに回った回数をカウントして目標立てて回数を減らそうという努力の結果3度ほどで帰ることができるようになってきているらしい。
・米が食べられない(摂食障害の偏食の症状)
→柔らかい米ならいけるように…でも、ちょっと怪しい。謎のこだわりがまだあるように思う…摂食障害は根深いものだ。

次の課題として、また出来ることを増やしていくように言っておいた。
私の言ったことをなかなか理解してくれなくてすごくしんどかったが、今日の電話で、自分から「ちゃんと精神的に適切な距離をとるようにする」とも「身体を触らないようにする」とも言ってくれたのでとても安心した
やはり前の別れ際に親友がハッとした表情をしていたのは見間違いではなかった。親友は親友だった。頭で理解すればちゃんと人の気持ちを考えてくれるやつだ。あいつも私に言いたいことを言えば良いと思っている。安心して腹を割って話せる相手のはずだったから。

でもな、電話が長い…通話時間1時間10分ってお前…自分の通話料金考えてくれよ…話すのも疲れて、「疲れた」って言って話を終わらせたわorz
私は電話かけるのとても苦手…何しろ人の時間をとるから。
かける予定の時間の45分前からシミュレーションしてからかけるけど伝え忘れとかたまにしでかすぐらいに苦手…。
いくら親友であっても30分ぐらいで抑えとけよ!!!( ゚Д゚)クワッ
スポンサーサイト



早く仕事終わらせたけど…待機中

仕事が立て込んでてブログを大分放置してしまった…orz
もう4日前にはデータがしっかりできていて、業者への確認で4日待っている状態。
クライアントが気に入ってくれて、一昨日また一枚描いてくれないかと言ってきて…この上なく嬉しいことだけど荒れた部屋を何とかしたいのにと思ってしまった(笑)
夫に申し訳ない…でも、やはり駆け出しは勢いを落としたらダメなんだろうと思って目の前の夫に「受けてもいいか?」と確認してから受けた。
いつもは色鉛筆画なのだけど、今回は丁度1か月でデータを上げて欲しいとのことなので鉛筆画を提案してOK貰ったから少しほっとしている。
色鉛筆みたいに不純物をあまり気にしなくてもいいし…大分短縮できる…行ける…私はまだいける…!!
それはそうと、CDが出来上がって解禁したらこっちでも宣伝していいものだろうか?
一人でも多くの人に見て欲しいけど…いつもいる場所の人がこの場所を発見したりしないかちょっと不安ではある…いや、別にみられても何も不都合はないんだけどそれを見た人が心配したらどうしようと思うだけ。
文字で出さなければ検索避けになる…かな?
よし、解禁になったら画像で宣伝しよう!その時には◎◎の中に何が入るのかバレてしまう…実はその部分がバレることは嬉しく思っていたり…(言いたくてうずうずしていた)

また仕事を受けてしまったのでしばらくブログを放置してしまいますが、今日まとめてブロともさんたちのブログに目を通しに行きました…またちゃんと読みに行きますね!

何が原因なのかなぁ…

私は結構胃腸が弱いのだけど、それに関連してとても汚い話をします…
汚い話がお好きな方のみ読んでいただいて、是非何が原因だったのか検証してください(笑)

昨日は久しぶりに夫が一日休みだったのではりきって一緒にCOCO'sのモーニングのバイキングに行ってきた。
バイキングっていうと、ついついはりきってしまってキャパシティーオーバー寸前までスクランブルエッグを詰め込んでしまったorz
あと、紅茶もたくさん飲んだ…(あそこのドリンクバーの紅茶の種類が多いのはとても気に入っている)
それからお昼は二人とも食べる気がしなくてそのまま一緒に買い出しに行って…小さいドローンのおもちゃを購入(どうしても欲しいって言ってたからつい)
晩ごはんもあまり食べる気がしないくせに数週間前に惣菜で購入した冷凍ささみチーズフライを揚げる…
夫は美味しそうに食べていたが…私は最後の一口に限界を感じながら食いつくした(限界でも食べきるまじめな残飯処理班ェ…)
その後、二人でいつもやってるネトゲをやる…レベルが上がったばかりなので行けるようになったばかりのダンジョンに特攻するも道中で二人とも死亡(チーン)
そのあたりで一度下痢をした…orz
ゲームが終わり、明日の用意をして布団に入って速攻で夫は夢の中へ~
私は吐き気までする中、トイレに駆け込んだら滝のような下痢!水様便www
出し切って布団に戻るも、吐き気が治まらず…吐きたくないと思いながら座って過ごす…
結局もう一度下痢をしたら吐き気は幾分かマシになり、そのまま朝まで寝てしまえたので良かった。
でも、今朝も結局下痢したし、なんか食道がじんじんする…お尻もヒリヒリする…辛いものは食べてないのになぁ。

逆流性胃炎かなぁ…私がよくやるのは十二指腸炎なんだけど今日のは胃より上が悪い感じがするんだよなぁ。
過去に十二指腸炎で3か月ゲロを吐き続けた(ついでに下痢も健在)経歴を持つ私は…そうなることを恐れている。
あの時は飲むヨーグルトすら受け付けず、人肌に温めたスポーツドリンクを1か月近くチロチロ舐めるしかできなかった…恐ろしい!!
直前までそんなに十二指腸を荒らしていた自覚は皆無で本当に寝耳に水…その頃までは下痢とゲロってノロウイルスとか胃腸風邪しか原因がないだろうと思っていたけど、ただただ荒れてることでもあそこまで下痢ゲロすることだってあることを知ったね!
あの時、胃カメラしたお医者さんが食道の壁にカメラ当てちゃってゲロが鼻から出たときは本当に死ぬかと思った…何も食べてないのに出るゲロは…胃液だよ(^o^)死ぬ!

今日からまた仕事をしなければいけないが…半分以上仕上げた絵にゲロはさすがにシャレにならん…死んでもゲロする前には絵を死守しようと思う。
まぁ、今朝は刻みネギの載ったピザトーストは食べられたし、昨日よりは大分マシ…尻から出るのみ…もうそろそろ次辺りにお尻が切れて痔主になれそう…

いやぁ、本当に汚いお話ですみませんorz
こういう話はSNSの方でも出来るんですけど、長いとなんかアレなんでこっちに書きました(最悪)

やるせない\(^o^)/

今CDのジャケットを描いているんだけど、納期が早まった…orz
自分の中で早めに期限を設定していたから何とか間に合いそうだけど、正直イラっとする。
なんで音響の作業が遅れてCDの完成ライブの日程が延期になったのに私の納期だけ早まるんだ…??どういうこったwwwww

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

強迫性障害④

仕事が立て込んでて、その上この間の書き上げた記事全消去事件によってしばらく更新しないつもりでしたが、
件の親友に公開しているSNSで、触られることについての拒絶の意思を「女性恐怖症かもしれない 気心の知れた友達でも触られるとゾッとする」(要約)と発言したのを見てなのか、それとも私の精神的テリトリーを侵すことについての拒否を「どんな関係でも適切な距離感がある」と発言したことが原因なのかわからないが…
今日「死にたくなった」と言われたので気持ちの整理のためにやっぱり記事を書きます。

一応、親友には「触らないで」「私が一番大事なのは夫だし、嫌にならないための距離感は保ってほしい」と何度も伝えているが理解せずに触ることと、距離感を履き違えた「一緒に住まわせて」「夫婦の旅行に一緒に連れて行って」と言う発言を繰り返していたので、やんわりと私の考えを噛み砕いてわかってもらうためにわざと親友の見るSNSで活字によってそのことについて発言した。
そりゃあ、一番信頼を寄せる相手が自分の求めることをそのように拒否したら死にたくなる気持ちは分かる。わかりすぎるぐらいだ。
だが、私は親友の恋人ではないので中途半端な愛を与えたくない、線引きはきちんとするべきで、嫌だと思うことを良しとはできない。自分を守るために!
良好な関係の家族が健在なのに恋人に求めるそれを家庭のある親友に求めてどうするのだ…自分で生活ができないのに仕事をやめないのを一生懸命説得しても聞かないのに、都合のいい時だけ信頼を寄せることの方が不誠実で破滅的である。
「死にたい」ぐらい言わせてやる、「辛いんだ受け入れろ」という脅しだということぐらい自分がうつ病だから分かるが、それを「よしよし」と言うことができるのは家族か恋人という関係性でないと無理である。
「コミュ障だけど必死にがんばっている」というが頑張る方向が間違っていることを何度言っても分からない…、私の言葉など届かないのだろうか?
安全圏からは無理だというなら最低限家族に説明して私はこの件から手を引かなければならない。親友が自分と夫以上に大事だとは思えない。

私が考えている治すための方針があるが、親友の家族に伝えたいと思っているからまとめておく。
強迫性障害の原因は強迫性障害②で記述したがおさらいとしてあげると、
・遺伝
・セロトニンのバランスが悪い
・生活の変化(ストレス)
・責任感の強さ


遺伝はどうしようもないが、責任感の強さは性格、セロトニンのバランスとストレスは生活を改善することで多少はマシになる。
性格を改善させることは必要だが、とても困難。この点ではうつ病と同じ…最終的に再発させないためには絶対に必要な項目だけど長い時間をかけて戦うことになる
私自身10年かけて認識を直していったけど、これは一番に私を愛して寄り添ってくれる夫がいたから10年なのだ。
もちろん夫は完璧人間ではないむしろ欠陥人間だが、だからこそ一緒に頑張ってこられたんだと思う。(完璧な人は欠陥人間を理解できない)
許容や同意、共感で包むのが良いと思うが、良い子であることを褒めるのは好ましくない。
ありのままの心を言葉に出せた時こそ「わがまま」だと言って抑えつけずに「そう思っていたのか」という気付きを返すような訓練をしなければいけない。
「大丈夫」という言葉で周囲や自らをだまして勝手にストレスを背負い込む悪い癖を直す訓練だ。
私も家族以外では溜め込むことが多いが、外でも3回ルールというものを作っていて同じ事柄で2回非常識な行為が行われれば3回目が起こった瞬間に相手に対する完璧な反撃が出来るように用意をすることにしている。
報連相のできない上司は前年度の終盤辺りには私を怖い人間だと認識したようで対応が丁寧になってやりやすくなったもんだ…(強くなったもんだ)

生活は誰かが一緒に支援できれば比較的改善は簡単。もちろん義務とかで縛ってやるもんではなく、体調に合わせて臨機応変にしなければいけない。
何かを妄信というのが一番危険だと私は思っている。それが心も体もズタボロで生活保護でも貰えばいいのに、わざわざ仕事をやり続けて自分を追い詰めて、突然命を絶つようなことにつながる。
だから、「臨機応変」ということを念頭に置いて取り組むことだ。
まぁでも、親友の場合はストレスの原因があからさまに「職場」で、これは何としても早く辞めるべき。
強迫性障害に介護職など務まらない。介護されるぐらいの症状なのだから…。
「職場の人に病気のことを知られたくない」(本当に言ってた)というなら妻子持ちの上司に実際セクハラを受けているのでそれを理由に職場の責任として退職すべき。
本人じゃなくて家族が言ってやってもいいぐらいなもんですわ…orz

あとセロトニンのバランスの改善には「朝日を浴びながら10分程度の散歩」と、「赤身の肉」の摂取が一般的にやりやすいところなのではないかと思う。
しかし、絶対に誰かと一緒にやるべき。…そもそもセロトニンが不足している人間はモチベーションが保ちにくいことと、親友は特にだが、強迫性障害以外にも摂食障害を併発していることがその理由。
摂食障害は小学生の辺りから疑いがあったが、最近も明らかな偏食が目につき、「摂食障害じゃない?」って聞いたらやはりそうだった。
たぶん小学生の頃ぽっちゃりしていた体型をからかうやつがいたのでアレのせいで発症したのだろうとは思う。
摂食障害は非常に治しにくいものの一つ…偏食の症状でやっかいなのは、
好きになったものを繰り返し繰り返し毎日のように大量に食べ続けてしまい、最後には飽きたり摂取量が過剰で体が拒絶することになって食べたくても食べられなくなり、食べられるものが減っていくということが次々に起こるということ。
今毎日繰り返し食べているのは、草餅とみたらし団子だという。栄養が偏るために点滴で足りない栄養を摂取する必要があるが、なぜか点滴をすると吐くらしい…(最悪)
ちなみに、現在わかっている食べられないものはご飯、カップラーメンだが、強迫性障害のせいでガスコンロ、電子レンジ、包丁が使えず、野菜や火を入れることが必須のものは食べていない…この間バイキングに連れていったらケーキしか食ってなかったorz
これからは同じものばかりではなく、食べられるものの中からでもバランスよく献立を構成する必要があるのだ。
こういったバランス感覚が欠如するので彼女は摂食障害であり、強迫性障害なのだと思う。
失敗を過剰に嫌う性格も、末っ子で病弱で、何かあれば「危ない」と保護され、失敗を過剰に恐れさせてきたツケがこの結果を生んだのだと思う。
10年以上も続けたコンビニのバイトも手遅れになってからも何かと理由を付けては怒りながら延々と続けて、誰の手も借りずに生きていたが、この決断力のなさが病気を悪化させた。
大人しく療養して直さないと老後の心配どころか老人になってもなおその病に悩まされることになると教えても仕事が…生きる意味が欲しいといって介護の仕事をはじめてしまったことも…判断力の無さからだ。(これは仕事を紹介したカウンセラーにもかなり問題がある…アホ過ぎ)

…私はうつ病暦が長いから気がつくけど、精神病になったことのない人はお門違いな支援をしてしまうことが多い。
このシリーズの記事を最終的に親友の家族向けにまとめておいて、私が身を引くことになったら渡そうと思う。
とりあえず、書きたいことは今のところこんなもんだ…「死にたい」という言葉は気にはなるけど、経験上、これは死ぬんじゃなくてつらいってこと。
抱き着けない、距離感を計らなければいけないということがつらいのは分かるが、その線引きをしないでズルズルと言われるがままの関係を続けて見ろ…恋人になってしまうだろうよ?(吐き気がする)
…夫がどれだけ傷つくのか?(私も)
毎日毎日身を粉にして働いて私を養ってくれて、精いっぱいの愛情で支えてくれている夫を一番にサポートしていることの何が悪いのか?
悪いものか!死ぬと言われても通報するだけやぞ。

テーマ : 大事にしたいこと
ジャンル : 心と身体

プロフィール

◎◎べぇ

Author:◎◎べぇ
since2018/09/06
1986年10月生まれ(ブログ開設時31歳)←つまりもうすぐ32歳
うつ病による闘病を経て、途中であきらめていた教員免許を取得して美術教師になったがストレスと夫の転勤を機に退職。地味にイラストレーター活動をしているさなか…しこりに気づいた
うつ病の薬は6年前に自分で断った。たまに不安定になるが薬による副作用の体の重さを恐れて病院に行かない日々を送っているが限界なのだろうか?と思い始めている。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR